生まれつきが理由?デリケートゾーンの黒ずみ原因を徹底解説!

under2

女性の身体の悩みのなかで、誰にも相談出来ずに悩んでいる事に、デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみがあります。

VIOラインの脱毛をし黒ずみを発見しショックを受けて帰宅する女性も多いそうです。

なぜ、デリケートゾーンに黒ずみが出来るのでしょうか?

デリケートゾーン(陰部やビキニライン)は、まぶたの皮膚より薄くちょっとした刺激でもダメージを受け他の部分より黒ずみやすいのです。

 

【デリケートゾーンの黒ずみの主な原因】

  • 体型に合っていないサイズの小さな下着による摩擦
  • カミソリなどによる刺激
  • 肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れ

デリケートゾーン部分の肌は、外部からの摩擦などによる刺激が続くと肌を守ろうと、肌細胞であるメラノサイトから、メラニンを過剰に生成します。

そのため、肌のターンオーバーが正常に働かず乱れてしまい、メラニンは蓄積されていき「黒ずみ」が酷くになります。

 

【妊娠中や出産によるデリケートゾーンの黒ずみ原因】

  • 出産のために肌を守ろうとメラニンが活発になる
  • デリケートゾーンだけでなく、乳首や乳輪も黒くなる

出産後にターンオーバーが正常に戻ると「黒ずみ」は薄くなっていくが、デリケートゾーンの外陰部は、肌ダメージを多く受けるため、薄くなりにくい方が多いです。

 

【加齢によるデリケートゾーンの黒ずみ原因】

  • 摩擦や刺激を長く受けてきた
  • 加齢に伴い血行や代謝が悪くなってきた
  • ターンオーバー(新陳代謝)の周期が加齢により遅れだす

毎日の下着による摩擦や脱毛などによるカミソリなどの刺激に加え、妊娠・出産を経験したり、年齢による代謝の衰えなどが重なり「黒ずみ」が悪化してしまい色素沈着を起こしてしまうことがあります。

女性の場合、30代頃から肌のターンオーバーの周期が少しずつ遅れがちになり、50代になると2~3週間ほど遅れるようになってきます。

そのため、黒ずみが薄くなりにくくなります。

 

【まとめ】デリケートゾーンの黒ずみ原因を排除しましょう

黒ずみは、肌を守ろうとするメラニンの生成を抑制することで、悪化することを軽減することが出来ます。

下着やカミソリによる摩擦や刺激、そのために起こる乾燥などの対策を行うことでかなり薄くすることが出来ます。

また、デリケートゾーン専用のクリームや石鹸などを使うこともおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策には、「トラネキサム酸」や「美白成分配合」の物や肌への刺激の少ない商品を選びましょう。

幅広い年齢層に人気のクリームに「イビサクリーム」があります。

こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

⇒ イビサクリーム徹底解説!まんこの黒ずみへの効果や口コミまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です