生まれつきが理由?デリケートゾーンの黒ずみ原因を徹底解説!

under2

女性の身体の悩みのなかで、誰にも相談出来ずに悩んでいる事に、デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみがあります。

VIOラインの脱毛をし黒ずみを発見しショックを受けて帰宅する女性も多いそうです。

なぜ、デリケートゾーンに黒ずみが出来るのでしょうか?

デリケートゾーン(陰部やビキニライン)は、まぶたの皮膚より薄くちょっとした刺激でもダメージを受け他の部分より黒ずみやすいのです。

 

【デリケートゾーンの黒ずみの主な原因】

  • 体型に合っていないサイズの小さな下着による摩擦
  • カミソリなどによる刺激
  • 肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れ

デリケートゾーン部分の肌は、外部からの摩擦などによる刺激が続くと肌を守ろうと、肌細胞であるメラノサイトから、メラニンを過剰に生成します。

そのため、肌のターンオーバーが正常に働かず乱れてしまい、メラニンは蓄積されていき「黒ずみ」が酷くになります。

 

【妊娠中や出産によるデリケートゾーンの黒ずみ原因】

  • 出産のために肌を守ろうとメラニンが活発になる
  • デリケートゾーンだけでなく、乳首や乳輪も黒くなる

出産後にターンオーバーが正常に戻ると「黒ずみ」は薄くなっていくが、デリケートゾーンの外陰部は、肌ダメージを多く受けるため、薄くなりにくい方が多いです。

 

【加齢によるデリケートゾーンの黒ずみ原因】

  • 摩擦や刺激を長く受けてきた
  • 加齢に伴い血行や代謝が悪くなってきた
  • ターンオーバー(新陳代謝)の周期が加齢により遅れだす

毎日の下着による摩擦や脱毛などによるカミソリなどの刺激に加え、妊娠・出産を経験したり、年齢による代謝の衰えなどが重なり「黒ずみ」が悪化してしまい色素沈着を起こしてしまうことがあります。

女性の場合、30代頃から肌のターンオーバーの周期が少しずつ遅れがちになり、50代になると2~3週間ほど遅れるようになってきます。

そのため、黒ずみが薄くなりにくくなります。

 

【まとめ】デリケートゾーンの黒ずみ原因を排除しましょう

黒ずみは、肌を守ろうとするメラニンの生成を抑制することで、悪化することを軽減することが出来ます。

下着やカミソリによる摩擦や刺激、そのために起こる乾燥などの対策を行うことでかなり薄くすることが出来ます。

また、デリケートゾーン専用のクリームや石鹸などを使うこともおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策には、「トラネキサム酸」や「美白成分配合」の物や肌への刺激の少ない商品を選びましょう。

幅広い年齢層に人気のクリームに「イビサクリーム」があります。

こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

⇒ イビサクリーム徹底解説!まんこの黒ずみへの効果や口コミまとめ

 

子供の頃に通っていたダメダメな歯医者

332cfe414a3b22d5c40b25519da0c8fa_s

私本人が子供の頃のことですが、どうしようもないダメな歯医者さんが存在しました。虫歯の手当は何はともあれ痛みを伴う。治癒したと言うのに何年かすると再び痛みが再発する。神経を取ってもらったにもかかわらず再び痛みが出てくる始末。このような内容のひどい歯医者だったのです。

それからこの医者に行っていた違う友だちも同じようにひどい医者だと呼んでおりました。以前からどうしてその医院に行っていたのだろうか自分自身でも謎です。歯医者さんというのはそういったものと一方的にイメージしていたなのではないでしょうか。

はたまたどうにも敢えて自家用車でほんのちょびっと外れたその医院に出向いて診察してもらっていたのであります。家の近くに違うデンタルクリニックがあったと言うのに。それで、やっぱし毎度のことながらつらい思いうけているのにウンザリして近辺の歯医者さんへ行くことにしたみたいです。

これまで足を運んでた歯医者さんとは比較にならないほど念入りなケアで、私の痛みにすら気づかってもらえます。これがあったので痛みもあまりなくケアを終わらせる事が適いました。もっと早い段階でここの所把握しておけば。長年損害を被っていたことは何の意味があったんだろうと悔しく思っているわけです。

その後近年はおじいちゃんが入れ歯を制作したいと言います。入れ歯は虫歯ケアとはまた異なると断言できるので、今まさに頑張ってめぼしいお医者さんを見つけ出そうとしている最中なんです。

しかし、何はともあれ私自身が少し前訪問していた歯医者に関しては顔を出すなとよくおじいちゃんには話しておきました。入れ歯はずっと使っていくものなので悔いがないように正しい医者を求めてやりたいと感じています。

【失敗しない歯医者選びにおすすめのサイト】
新宿で入れ歯を作るならここ!本当におすすめの医院を徹底比較

 

汗をかいたらすぐに拭き取れるグッズを活用します

116915a32a5b1ea7c98763aa1242f7cb_s

 

どちらかというと汗かきなタイプです。

 

汗をかいてそのままにしておくと、体臭だけでなく、汗を吸った服まで臭ってくるのがどうしても気になります。

 

それを防ぐために、まず外出時には、清潔な身体にあらかじめベビーパウダーを塗布します。

 

特に臭いが気になる腋の下は、ロールオンタイプのデオドラント剤を塗った上にベビーパウダーをはたいておきます。

 

これだけでも、少しの汗なら充分効果を発揮してくれます。

 

滝のような汗をかきそうな時は、外出時にロールオンタイプのデオドラント剤と、汗の拭き取りシートを必ず持って歩くようにします。

 

そして、汗をかいたら、なるべく早めに拭き取りシートで汗を拭き取り、腋の下には改めてデオドラント剤を塗り直します。

 

日頃の服の洗濯には汗の臭いをカットしてくれる効果のある柔軟剤で仕上げをしているので、それを着用するだけでも防臭効果がありますが、外出時には必ず中に一枚着て汗を吸わせるようにしています。

 

発汗がひどい時には、インナーを着替えることで快適に臭い対策をしています。

 

ちょっとした手間と外出時の準備で、体臭はかなり防げると思います。

 

http://xn--eck4a7heh9czdu880b.tokyo/も参考にしてみてくださいね。